Unity事例ノート

UNITY

Buttonでオブジェクトの色を変える

Button(ボタン)を押すとプログラムが実行されるように、スクリプトを作成してみましょう。

今回の例では、ボタンをクリックすると、オブジェクトのカラーが赤色に変わるようにします。

関連記事:
ボタン押している間だけ実行する
ボタンを押せば一時停止
ボタンを押すたびに順番にオブジェクトを切り替える
ボタンを押せば音が鳴る
ボタンで複数のサウンドを再生
Panelをボタンとして利用する

ボタンから処理を実行

ボタンを作成します。

Buttonの位置を変更しました。

Cubeを作成します。

ゲームビュー上ではこのように配置されています。

ColorChange.csを作成し、Cubeに追加します。

ColorChange.csを記述します。

RecColor()を実行できるように、ボタンの設定を行いましょう。

以下のような手順で、クリック時の処理を設定しました。

これでColorChange.csの中のRedColor()が実行可能になります。

ゲームプレイして、ボタンをクリックしてみましょう。

Cubeオブジェクトが赤色に変わります。

関連記事:
ボタン押している間だけ実行する
ボタンを押せば一時停止
ボタンを押すたびに順番にオブジェクトを切り替える
ボタンを押せば音が鳴る
ボタンで複数のサウンドを再生
Panelをボタンとして利用する